柘の印鑑

印鑑の材質として適しているもののひとつに、木材である『柘』(つげ)が挙げられます。かなりの硬さを持っていて、細かな細工をすることに向いているものです。柘は古くから一般に利用されていたものであり、江戸時代にはすでに櫛やそろばんの玉、将棋の駒などにも使われてきました。乾燥させるほどに軽くなり、時間の経過によるゆがみやヒビといった劣化が起こることもあまりありません。柘の樹木が太く硬く、年輪が緻密になっているものですと、特に上質の素材が採取されます。一方年輪の若いものが多い場合には、少し質は劣るものの標準的なレベルにはあり、幅広く活用することのできるものとなっています。極上レベルとなる品質の印鑑は、全体の3%ほどにしかならないとされています。


格安で性能も良かったので購入しました。

名古屋 エステ

税理士 福岡 料金

快適に過ごせるようになりました。

結婚式 1.5次会